高等部

TOEFL iBT

“アカデミックな英語運用能力を磨く”

 2005年に開始された『TOEFL iBT』では読む・書く・聞く・話すの4技能が総合的に評価されます。全体的によりアカデミックな内容となっており、聴く・読むことを通して理解した内容や自分の意見を文法・語法的に正しい英語で表現する力が問われます。ポイントを押さえれば短期的に点数を伸ばしやすかった文法セクションが廃止され、代わりにスピーキングが導入されました。また総合技術であるライティングの比重が高くなっています。全体的に、扱われる内容がより高度になっていますから日本人高校生にとってはかなり難易度の高いテストといえるでしょう。『TOEFL iBT』で高得点を取るカギは、読解力・学術的語彙の習得とライティング能力といえます。

TOEFL Foundationコース

TOEFL頻出語彙・語法表現の知識の基礎を固めます。正確に表現するための英文法を体系的に学び、ライティング力をつけると同時に、リーディング・スキル(パラグラフ構成やトピック・センテンスなどに関する知識)を強化して、すばやく正確に文章を読み取る読解力を養います。その他アカデミック・リスニングの練習(講義の聞き取り・ディクテーション練習・ノート・テイキングのテクニックなど)も含みます。


TOEFL Advancedコース

人文・自然・社会科学など各専門分野に関連する読解・語彙演習を通して背景知識・専門語彙力を養い、リーディング・スキルを伸ばします。またiBTにおいて配点比重の高いエッセイ・ライティングを丁寧に指導します。ノート・テイキングのテクニックやプレゼンテーションの表現を学習するとともに、iBTに特有な統合問題(Integrated tasks)対策の演習を徹底的に行います。自分では気がつきにくい問題点を理解し、弱点を補強していくことで高得点を目指します。

対象: 高等部
授業料: 平常授業料に準ずる
体験学習期間: 2週間